All in 記事

写真を撮り続ける

全部のシーンを撮ったけど、まだキャンプファイアーの写真を撮らなかった。みんなは疲れたしお腹減ったけど、キャンプファイアーのシーンで食べ物を作れます。強い風のせいで、木に火をつけるのは難しかった。でもキャンプファイアーを焼き始めたら、スティーブンは写真を撮った。スティーブンはその写真を写真コンテストに出しました。

Dela:僕が学んだこと

僕の哲学は、こうだ。他の人がどう感じるかではなく、自分で自分を幸せにできることをしよう。それが、ここ数年でずっと学んできた最も重要なことで、自分の作品にも適用しようとしていることだ。自分が影響されてきたことと、この業界から自分自身が自由になる必要があった。すべてのクリエーター達へ、僕のアドバイスはこうだ。できる限りダイレクトに自分を表現することを心がけよう。ピカソの名言に"優秀な芸術家は模倣し、偉大な芸術家は盗む"とある。この名言から僕が読み取ることは、色々なものから影響を受けることは良いことである。それらを模倣するのではなく、盗んでから自分自身のものに作り変えるといことだ。自分だけのアートを作ろう!

プーケットとムエタイ

プーケットは素晴らしかったです。夜のナイトマーケットには世界中の凄く美味しい食べ物があります。拳銃を撃って、狙撃銃を撃って、象に乗って、オカメとパーティーして、虎をなでて、やばい!ビーチは凄く綺麗だから日焼けに気づかないです。でも冒険以外の一番いい経験はムエタイのトレーニングでした。

スーパー戦隊のオタクから僕が学んだこと

スーパー戦隊はアメリカでは、パワーレンジャーとして知られていて、90年代からの典型的なアクションヒーローのテレビドラマシリーズです。テレビドラマには、かっこいい10代の主人公グループ、未来的な忍者の衣装、格闘技、巨大ロボットと宇宙から来た怪獣などが出ていました。だから、子供達みんなスーパー戦隊が大好きで、テレビの前にくぎづけでした。

D-NET GT 7

グラプリングトーナメントは自分の技術と力を試すものだ。最近、柔術をあまり練習しないから、大学時代にした以来のグラプリングトーナメントでした。トーナメントに出ると決めたら、もっと練習をする理由になると思いました。

東京の観光客

一ヶ月前に急にスティーブ・ウェストは僕に電話した。スティーブは新しいクライアントからの依頼が来たから、僕と宮田さんにモデルになって欲しいと言った。

頑固一徹なサーファー

スティーブ・ウエストは写真を撮るのが大好きです。彼は探検も大好きです。それから僕に電話かけてきた時、冬の最中にサーフィンの写真を撮りたいと言って、彼はすごく興奮していた。行くぞ!

Tokyo Creative Photography Workshop

スティーブ・ウエストと私たちは、最初のクリエーティブ撮影をするワークショップをしました。ワークショップでの二つのお題は、バルーンを使ったクリエーティブ撮影と、フラッシュを使う練習です。

オタクの中の戦い

彼の暗い目は猟りに行く捕食動物のようだ。戦う時の彼の顔は無表情だ。そしてすべての動きに100%集中する。 ケージの外の世界は存在しないようだ。彼の名前はキン・”コング”・モイ。近い将来に彼はMMAのスカイツリーの天井に登るだろう。

パンクラス20周年記念分析:長所

2013年9月29日にパンクラスは20周年記念イベントを行った。 90年代ハイブリッドレスリングルールでよく知られていたパンクラスは現在全体的に総合格闘技のルールを使っている。パンクラスは選手がUFCやOne FCから注目を集めるための小さい組織ように見えるが、バス・ルッテン、 ケン、フランク・シャムロック、 ガイ・メッツァー、船木誠勝、そして モーリス・スミスのような伝説的選手が戦った初代の中心的組織であった。現在の日本の格闘技の事情では、総合格闘技の組織がPride FCやK-1が以前行っていたような大きさのイベントを行うことは難しい。今回のパンクラス20周年記念イベントでは長所、短所、必要な点がそれぞれあっ た。